ワックスで下の毛を処理

ブラジリアンワックスで下の毛の処理するメリット、デメリット

ブラジリアンワックスで下の毛を処理

欧米では一般的になっている脱毛法のブラジリアンワックス。最近では日本でも人気になってきていて、実際に利用している人が増えているようです。

ということで、ブラジリアンワックスってどんな脱毛法なのか、まとめてみました。

ブラジリアンワックスって何?

ブラジリアンワックスってどんな脱毛法なのかな〜?

まずは、ブラジリアンワックスってどんな脱毛法なのかをみていきましょう。

ブラジリアンワックスというのは、はちみつや砂糖、レモン果汁といったもので作られたワックスを使って毛を引き抜く脱毛法になります。

温めたワックスを毛に塗って専用のシートを貼り、ワックスが固まったところでシートをはがして、毛を一気に引き抜くという流れです。

昔からあった脱毛法ですが、最近のワックスはかなり進化していて、温めずに手軽にできるものや、無添加で肌に優しいものが出てきてますね。

ブラジリアンワックスは、自分でもできるし、専用のサロンでお手入れしてもらうこともできます。

ブラジリアンワックスのメリットは?

ではブラジリアンワックスのメリットをみてみましょう。

安い価格でお手入れできる

ブラジリアンワックスは、エステサロンやクリニックでの脱毛に比べて安価な価格でできるので、手軽に脱毛できるのがメリットになります。

専用サロンでも3,000円くらいからできるので、学生さんでも無理なく行けちゃうのがポイントですね。

自分で処理する場合でも、3,000円〜6,000円くらいでワックスを購入することができます。

短時間でお手入れできる

ブラジリアンワックスは、一度に広範囲の毛を除毛することができるので、短い時間で処理できちゃうのも大きなメリットです。

下の毛だけなら15分くらいでできるので、忙しい人でも使いやすくて便利。サロンでお手入れする場合でも、カウンセリングや着替えなどを入れて30〜60分くらいで終わります。

剃るよりも仕上がりがキレイ

シェーバーなどで剃るとどうしてもチクチク感が出ちゃいますが、ブラジリアンワックスは毛根から毛を引き抜くので、シートをはがした瞬間にツルツルに。

剃るよりも仕上がりがキレイになるので、彼に触られても安心です。

剃るよりも長持ち

シェーバーなどで剃っても、その後すぐにまた毛が生えてきてしまいますが、ブラジリアンワックスは毛根から毛を引き抜くので、剃るよりも毛が生えてくるタイミングはゆっくり。

2週間おきくらいの処理でいいので、手間がかからないのもメリットのひとつですね。

ブラジリアンワックスのデメリットは?

ではブラジリアンワックスのデメリットをみてみましょう。

肌や毛穴への負担が大きい

毛抜き同様に毛を無理やり引っこ抜くことになるので、肌や毛穴にはすごく負担がかかってしまいます。

特に自分でやると、皮膚の一部まではがしてしまったり、出血させて炎症を起こしてしまったりといったことがあるので、頻繁に処理するのはやめた方がいいかも。

毛穴がブツブツになったり、シミになったり、埋没毛ができたりといった原因にもなるので、できるなら専門サロンでのお手入れがオススメです。

慣れるまで痛い、難しい

大量の毛を一気に引き抜く訳なので、当然痛みがあります。シートのはがし方にコツがあって慣れてくると痛みを抑えながら処理することも可能ですが、最初のうちは失敗するケースが多いので注意しましょう。

痛みを少しでも軽減させたいなら、やはり専門サロンでのお手入れがオススメです。

持続性がないので定期的な処理が必要

剃るよりは毛が生えてくるペースは遅いですが、一時期な除毛になるので、当然のことながら持続性はありません。

ツルツルを維持しようと思ったら継続して処理する必要があります。

なので、長い目で考えると、一般的な脱毛サロンやクリニックで処理した方が安上がりになるのかなと思います。

まとめ

長期的な脱毛を考えているなら、ちょっと高くてもエステサロンやクリニックでしっかりお手入れする方がいいですが、とりあえず今だけ、下の毛をなくしたい、お手入れしたいという一時期な脱毛であればブラジリアンワックスはオススメですね。

ただ、自己処理はやはり肌への負担が大きいので、なるべく専用のブラジリアンワックスサロンでお手入れしてもらいましょう。

ブラジリアンワックス専門サロンはこちら
↓気になる方は下記バナーをクリック↓
自己処理用ブラジリアンワックスはこちら
↓気になる方は下記バナーをクリック↓

下の毛を簡単キレイに処理する方法トップページへ

下の毛を簡単キレイに処理する方法は、トップページから確認することができますよ。