毛のしくみ

毛のしくみを知ろう/ムダ毛ってなんで生えてくるの?

毛のしくみってどんなの?

ムダ毛ってなんであるの?

女性にとって大敵のムダ毛。なくてもいいこのムダ毛って、そもそもなんで生えてくるんでしょうね。

原始時代の人間はサルと同じように体中毛に覆われてました。外部からの刺激をやわらげるために毛があった訳です。寒さとか太陽の光とか、衝撃とかから肌を守るためですね。

その後、人間は服を着るようになっていったこともあって、どんどん毛が退化していき、今の状態になってきている訳ですが、今でもそれぞれの毛には役割があると言われています。

ムダ毛にも役割があるんです

髪の毛は太陽の光や外的刺激から脳を守るためにあるし、まゆ毛は汗が目に入らないように防いでくれるし、まつ毛は目にゴミなどが入らないようにしてくれる役割があります。

ワキ毛にもちゃんと理由があって、両腕の摩擦熱を防ぐという役割があるようです。無用に思える毛でも生える理由があるんですね。

毛ってどんな構造になってるの?

では、毛の構造についてみてみましょう。

毛のしくみを知っておくと効率よく脱毛できるよ。

毛は大きく2つにわかれていて、体の表面に出ている「毛幹」という部分と皮膚の内部にある「毛嚢」という部分があるんですが、毛嚢のいちばん奥にある毛球に栄養が渡ることで毛母細胞が分裂して毛として成長していくというしくみになっています。

毛球の底はへこんだ状態になっていて、これを毛乳頭と言うのですが、この部分を除去すると毛の成長が止まるんだとか。つまり、この毛乳頭を破壊することで脱毛できるという訳です。

毛っていつから生えるの?

毛って生まれたばかりの赤ちゃんにもちゃんとありますよね。そうなんです、毛ってすでに胎内で生えていて、生まれるときには全身にうぶ毛が生えた状態なんですね。

生まれるときにはもう毛が生えてるんだよ

で、生後3〜6ヶ月ほどで、太くて色が濃い終毛になっていき、思春期になってホルモンが分泌されてくると、ワキ毛や下の毛が太く濃くなっていくという流れになります。

毛のサイクルって何?

ただ、ムダ毛ってずーっと生えているものではなくて、「発生」→「成長」→「脱毛」→「発生」を繰り返していて、これがいわゆる毛周期。毛のサイクルですね。

毛周期には、毛が成長を続ける「成長期」、成長が止まって抜ける準備に入る「退行期」、そして毛が抜けて次の発生まで待機している「休止期」の3つの周期があって、これをずーっと繰り返しています。

脱毛できるのは成長期の毛のみ

ちなみに光脱毛で効果があるのは成長期にある毛のみ。それ以外の毛には効果がないので、一回の施術で全部のムダ毛をなくすことはできなくて、何回も施術する必要があるんです。

毛のしくみを少しでも知ると効率良い脱毛ができるので、頭の片隅にでもぜひ置いておきましょう。

下の毛を簡単キレイに処理する方法トップページへ

下の毛を簡単キレイに処理する方法は、トップページから確認することができますよ。