シェービング方法

正しいシェービング方法/肌を傷つけない処理方法をご紹介

シェービングは正しい方法で

脱毛前に必要なシェービング

ほとんどのサロンでは、施術前に自分でムダ毛を処理していく必要があります。

毛が長いままでは効果がない上に光が反応してしまってキケンなんですね。なので、施術の前日か2日前くらに該当箇所の毛を剃るのを忘れないようにします。

ちなみに当日スタッフさんが剃ってくれるところもあるので、カウンセリング時に確認しておきましょう。

肌を傷つけると施術できないことも

この事前の自己処理、実は結構重要なポイントなのです。というのもちゃんと正しくやらないと、肌荒れをおこしてしまったりして、当日施術できないなんてこともあるからです。

実は私、以前経験したことがあるんです。

事前に処理するのを忘れてしまって、慌てて当日剃って行ったら、スタッフさんに、肌が赤くポツポツ状態になってしまっているので、今日はやめておいた方がいいですと言われちゃったんですね。

このまま施術すると効果もあまりないし、肌がさらに荒れる可能性もあるのでやめておきましょうということでした。

自己処理に失敗するとこういうこともあるので、注意が必要という訳です。

ということで、正しい処理の仕方をまとめてみました。

正しいシェービングのやり方

電動シェーバーがオススメ

まず処理の方法ですが、必ずシェーバーかカミソリで剃ります。

毛抜きで抜くのは絶対ダメ。毛抜きで毛根を引きちぎってしまうと光を照射しても効果がないからです。

ちなみに、一番のオススメは電動シェーバー。電動シェーバーは刃が直接肌に当たらないようになっているので、肌を傷つけることがほとんどないんですね。

肌を傷つけない電動シェーバーがオススメだよ

肌荒れを起こすことも少ないので、当日の脱毛効果もアップします。

毛の流れに逆らってゆっくりと

剃り方ですが、まず清潔なタオルなどで肌をふきます。(可能ならアルコール消毒)その後、電動シェーバーで毛の流れに逆らって、ゆっくり動かして剃っていきます。

電動シェーバーは乾いた肌で

電動シェーバーの場合は必ず乾いた肌や毛の状態で剃るようにしましょう。濡れた状態であったり、シェービングフォームなどを使ったりすると、すべりにくくなるので注意。

仕上げの保湿が重要

剃毛後は化粧水やクリームなどで保湿を忘れないようにします。潤いのある肌の状態だと光がよく浸透するので効果が高くなり、さらに痛みも軽減されるんですね。

肌を傷つけない処理が重要なんです。

カミソリの場合は慎重に

電動シェーバーがない場合は普通のカミソリでもOK。

この場合は、肌を傷つけないように濡れた状態にしてシェービングフォームなどを使用して剃るのがポイント。最後の肌ケアも念入りにするようにします。

この自己処理、全身だと結構大変。自分でのシェービングがニガテ、面倒いという人は、当日スタッフさんがやってくれるサロンを選ぶのもひとつだと思います。

下の毛のお手入れはこのサロンがお得!

下の毛を簡単キレイに処理する方法トップページへ

下の毛を簡単キレイに処理する方法は、トップページから確認することができますよ。