下の毛の脱毛は痛い?

下の毛の脱毛は痛いってホント?/痛みを軽減する方法はある?

下の毛の脱毛は痛いってホント?

下の毛の脱毛で不安に思うのが施術の際の痛みではないでしょうか。

一番不安なのは施術の際の恥ずかしさになると思いますが、痛みに関しては、その次くらいにみんな気にしている点なのではと思います。

他の部位に比べると痛みを感じやすいです

これ、結論から言うと、他の部位に比べると痛みを感じやすい部分であることは確かです。

光脱毛は、一般的には痛みをほとんど感じることなくお手入れができる施術法ですが、部位によってはどうしても痛みを感じる場合があるんですね。

理由1:他の毛に比べると濃くて太い

理由としては、まず、下の毛は他の毛に比べると濃くて太いので、光が強く反応し痛みが生じます。ただ、これは個人差が大きいので、すごく痛いと感じる人もいれば、あまり痛くないと感じる人もいます。

なので、実際はやってみないとわからないというのが実情ですね。

ちなみに光が強く反応するということは、それだけ効果があるということでもあるので、うぶ毛のような薄い毛を脱毛するよりも早い段階でキレイになるというメリットもあります。

理由2:皮膚が他の部位よりも薄い

その他の理由としては、デリケートゾーンの肌というのは、その名の通りデリケートで、皮膚が他の部位よりも薄いので、それによって痛みや熱さを感じやすいというのもあります。

これ、顔脱毛にも言えることなんですけど、私は顔の皮膚が薄い方なので、施術の際に人一倍痛みや熱さを感じるんですね。デリケートゾーンも同じで、皮膚が薄ければ薄いほど痛みが生じてしまします。

もちろんこれも個人差はありますが、ほとんどの人で他の部位よりも痛みが出やすい部位になると思います。

ただでさえ施術が恥ずかしいのに痛いなんて。VIO脱毛なんてイヤ〜!と思う人もいるかもしれませんが、施術中に痛くてシンドイと思ったら、その旨をスタッフに伝えればパワーを弱めてくれるので、そんなに心配する必要はないです。

ほとんどのサロンで、照射する際には「痛くないですか?」って度々聞いてくれるので、痛みが強いときは遠慮なく申し出すれば大丈夫です。

痛みを軽減する方法とは?

それでもやっぱり不安というアナタ。下の毛の脱毛の痛みを少しでも軽減できる方法があるので、ぜひ試してみましょう。

肌の状態を良くしておく

デリケートゾーンの肌は、皮膚が薄い上に下着や生理ナプキンなどで擦れるので、乾燥しやすく肌荒れしやすいんですね。

肌が乾燥していたり荒れていたりすると痛みを感じやすくなるので、専用のクリームをつけるなどして、常に清潔に潤いある健康な肌状態にしておきましょう。

生理前後の施術は避ける

生理中はどのサロンでもVIO脱毛はできませんが、生理前後であれば施術はOKなんですよね。

でも、生理前後というのは、ホルモンバランスが安定していないので、肌状態がいいとは言えない時期になります。

そうなると痛みが出やすくなるので、生理の直前直後は避けるようにしましょう。

体調が悪いときの施術は避ける

体調が悪いときというのは肌状態も良くないので、避けるようにしましょう。

だんだん痛みは減少します

脱毛の痛みは最初はすごく痛いと感じても、だんだん慣れてくるもの。さらに、施術の回数を重ねていくと、毛の量も質も少なく薄くなっていくので、痛みもかなり減少していきます。

痛いからといって止めてしまうのはもったいないので、痛みをやわらげつつ施術を続けていくことをオススメします。

ミュゼの脱毛は痛みが少ないのでオススメ
↓気になる方は下記バナーをクリック↓

下の毛を簡単キレイに処理する方法トップページへ

下の毛を簡単キレイに処理する方法は、トップページから確認することができますよ。