レーザー脱毛

レーザーの光について知ろう/レーザー脱毛の基礎知識

脱毛に使う光のことを知ろう

レーザーの光ってどんな光?

レーザーや光脱毛に使われる光ってどういうしくみになっているのでしょうか。

レーザーというのは、非常に高いエネルギーをもった人工の光で、特定の装置によって、同じ波長の光を集めて、その原子を無数に同時に発生させたものです。

同じ波長なので、すべての光が一つの同じ方向にまとまって進むのがレーザーの特徴。

集光性に優れているので、エネルギー密度が高く、人間の体に照射すると熱が発生し、組織を加熱させたり、凝固させたりします。

レーザーは特定の色に反応できる

この力を利用して、レーザーはさまざまなものに利用されているんですが、特定の色にだけ吸収されるという特質ももっているので、赤い色だけに反応するレーザー、青い色だけに反応するレーザーというものを作ることが可能。

この特質を利用して黒い色に反応するレーザーを作り、それをシミやアザの治療や、脱毛に使用しているというワケです。

脱毛に使用するレーザーとは

実は人間の毛根のまわりには、メラニン色素の非常に厚い層があります。毛根自体は白なんですが、毛根を取り囲むように多くのメラニンが集まっているんですね。

そこでメラニン色(黒色)に反応するするレーザーを毛根あたりに照射するワケなんですが、脱毛の場合、破壊したいのはメラニンではなくて毛根なので、メラニンが破壊されない程度のレーザーを照射。シミやアザの治療に使用するよりも弱いレーザーですね。

するとメラニンの中に熱が一時的に溜まって、その後放射。この放射された熱で毛根が破壊されるというのが脱毛のしくみになります。

このレーザーよりもさらに弱い光で施術するのが、エステサロンで行なっている光脱毛になります。

何回も照射することで大きな効果が

レーザーによって毛根が破壊されると、そこから毛が生えてくることはありません。

ただ、施術をしてもまた同じように毛が生えてくるので、効果ないんじゃないかと感じる人が結構多いんですよね。

でも、次に生えてくるのは、施術のときに皮膚の奥に眠っていた休止期の毛。

休止期の毛を破壊することはできないので、この毛が生えてきた段階で次の照射を行ないます。

これを繰り返すことで、だんだん毛がなくなっていくしくみになっているので、1回で効果がないからとやめてしまうのはもったいないです。

何回も続けると見違えるようにキレイになっていくので、脱毛は根気よくやることが重要になります。

下の毛のお手入れはこのサロンがお得!

下の毛を簡単キレイに処理する方法トップページへ

下の毛を簡単キレイに処理する方法は、トップページから確認することができますよ。