自己処理で肌トラブル

自己処理による肌トラブルって/こんな症状になっちゃうので注意

自己処理でおきる肌トラブルとは

ムダ毛の自己処理をずっと続けていくと、毛穴や肌はどうなっちゃうのか、今回はその肌トラブルについて詳しくまとめてみました。

さまざまな肌トラブルの症状

まず、毛抜きでずっとムダ毛を抜き続けるとどうなってしまうんでしょう。

ニキビみたいなポツポツが

毛抜きで抜くということは、ムダ毛を毛根から無理やり引っぱり抜くことになるので、毛根が傷つき炎症がおきてしまいます。

そしてそれをずっと続けていくことで、毛穴が膿んできて「毛嚢炎」というポツポツの突起状になってしまうんです。

これは、顔にできるニキビと同じ状態。赤いブツブツがところどころにできちゃう訳なので、見た目も非常に恥ずかしい感じになってしまいます。

色素沈着で黒いシミに

この状態でもさらに、どんどん毛抜きでの処理を続けていくと、毛嚢炎が悪化していって、色素沈着を引き起こして、シミみたいな黒い痕に変化していきます。いわゆる黒いブツブツです。

色素沈着をおこしてしまうと、元の肌に戻すことは難しくなるので、毛抜きでの処理は絶対にやらない方がいいですね。

特に下の毛のあたりの肌はすごくデリケートなので、毛嚢炎や色素沈着になりやすいので注意しましょう。

彼とのいざというときに、アソコあたりが赤や黒のブツブツ状態になってたら、間違いなくドン引きされちゃいます。

恥ずかしい埋没毛

その他、自己処理でよくある症状が埋没毛。

これも毛抜きでの処理でなることが多いんですが、皮膚の下に埋もれてしまって出てこない毛ができちゃうんですね。皮膚の中で毛がびよーんと伸びちゃう訳です。

これは、毛抜きで抜くことで肌が傷ついてしまい、その傷が治るときに毛穴がふさがってしまって、毛が皮膚の下に埋もれてしまうことでおきる症状。

無理やり出そうとしても、さらに肌が傷ついてしまい、また同じような埋没毛ができることが多いようなので、やっぱり毛抜きはよくないですね。

皮膚が硬くなってブツブツに

さらに「肌の瘢痕化」という症状もよくおきちゃうので要注意。これは毛抜きだけじゃなくて、カミソリで剃った場合でもおこります。

肌というのは、毛を抜いたり剃ったりすることで一旦傷つくと、新しい皮膚を作ってその部分を修復しようとします。ただ、この新しい皮膚というのが、以前よりも硬い皮膚になってしまうんです。

そしてそれを繰り返していくと、さらに硬い皮膚に。最終的には、鳥肌のようにブツブツ状態になってしまうという訳です。

日頃なんとなくムダ毛を剃ったり抜いたりしてることが、肌にはとてつもない負担をかけてしまうんだってことをちゃんと認識しておきましょう。

下の毛のお手入れはこのサロンがお得!

下の毛を簡単キレイに処理する方法トップページへ

下の毛を簡単キレイに処理する方法は、トップページから確認することができますよ。